心と体の健康のバランスが大切です。

心療内科とは

心療内科とは、ストレスが引き起こす身体的不調、心に症状が出る、いわゆる「心身症」を治療するところです。

 

日本心身医学会では、『心身症とは、身体疾患の中で、その発症や経過に心理社会的因子が密接に関与し、器質的ないし機能的障害が認められる病態をいう。

 

ただし、神経症やうつ病など、他の精神障害に伴う身体症状は除外する』と定義しています。

 

しかしながら、うつ病や神経症でも身体症状が主な場合、十分な身体的検査と身体症状と心の両面に配慮した治療が必要です。

 

心療内科で主に扱う病気としては、自律神経失調症、胃・十二指腸潰瘍(かいよう)、過換気症候群、過敏性腸症候群、夜尿症、過敏性膀胱(神経性頻尿)、更年期障害などがあります。

 

よくわかる調剤薬局のことなら

神戸の卓球教室、
卓球スクールをお探しの方へ
神戸スポーツ振興会

神経科との違い

心療内科は主に心身症を扱います。心身症は身体疾患なので、身体の症状が主訴ということになります。

 

精神科は精神疾患を専門に扱う科です。心の症状、心の病気を扱う科であるということです。心の症状とは、不安、抑うつ、不眠、イライラ、幻覚、幻聴、妄想などのことです。精神症状、精神疾患に関する専門家が精神科医ですから、そういう病態の場合には、たとえ軽症であっても精神科が適当ということになります。これにはうつや統合失調症はもちろんですが、神経症や不眠症も入ります。そのような疾患で身体症状を伴う場合もありますが、基本的に精神疾患がメインであれば精神科ということになります。

 

また、神経内科は脳神経系の疾患を取り扱います。脳血管障害やパーキンソン病、ニューロパチーなどの神経の病気などです。この場合の「神経」というのはいわゆる「神経が太い」とか「神経質」という神経ではなく、実際に筋肉などの組織につながって、信号を伝えたりしている実体のある「神経」のことです。神経内科はそれほど混乱されることはないのですが、心療内科と精神科は紛らわしく、混乱があるようです。大別すると、身体の症状がメインならば内科または心療内科、心の症状が主体ならば精神科ということになりますが、実際にはどちらか紛らわしい場合もあります。紛らわしい場合にはどちらかに相談することで、より適切なところへ紹介されることになります。

 

どんな患者が受診しに来るのか

心療内科とは、ストレスなどの心因的な原因から起きているからだの病気を治療するところです。身体がだるい、めまいがする、動悸がする、頭が痛い、食欲がない、お腹が痛い、体重が減った、眠れないなどの症状で病院で受診したけれど、検査をしても、原因となる異常が見つからない場合、からだに症状がでているけれど、それがストレスなどの心理的社会的な要因が関係していると思われる場合、心の病により、体に症状があらわれた場合、などの場合、心療内科に行くとよいでしょう。

 

主な病名、症状としては、以下のようなものになります。
呼吸器系・・気管支ぜんそく、過換気症候群など
消化器系・・胃・十二指腸潰瘍、腸腫瘍、過敏性腸症候群、びまん性食道けいれん、食道アカラシア、機能性腹痛など
循環器系・・狭心症、心筋梗塞、原因不明の胸痛や動悸、動揺性高血圧症、発作性頻拍症、ストレスが関与する虚血性心疾患など
内分泌代謝系・・神経性食欲不振症、過食症、コントロールの難しい糖尿病、甲状腺機能亢進性、肥満症など 神経系・・片頭痛、筋緊張性頭痛、自律神経失調症、まぶたの痙攣、めまい、しびれなど
泌尿器系・・夜尿症、過敏性膀胱(神経性頻尿)など
皮膚系・・アトピー性皮膚炎、円形脱毛症、多汗症、慢性じんましんなど
その他・・パニック障害、摂食障害(過食症、拒食症)、口腔乾燥症、月経困難症、月経前緊張症、更年期障害、不感症、不妊症など