ドラッグストアの心療内科についてくわしく知りたい方の情報サイト

心療内科についてくわしく知りたい方の情報サイト

心療内科は主に心身症を扱います。心身症は身体疾患なので、身体の症状が主訴ということになります。

 

精神科は精神疾患を専門に扱う科です。心の症状、心の病気を扱う科であるということです。心の症状とは、不安、抑うつ、不眠、イライラ、幻覚、幻聴、妄想などのことです。精神症状、精神疾患に関する専門家が精神科医ですから、そういう病態の場合には、たとえ軽症であっても精神科が適当ということになります。これにはうつや統合失調症はもちろんですが、神経症や不眠症も入ります。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

そのような疾患で身体症状を伴う場合もありますが、基本的に精神疾患がメインであれば精神科ということになります。

 

また、神経内科は脳神経系の疾患を取り扱います。脳血管障害やパーキンソン病、ニューロパチーなどの神経の病気などです。この場合の「神経」というのはいわゆる「神経が太い」とか「神経質」という神経ではなく、実際に筋肉などの組織につながって、信号を伝えたりしている実体のある「神経」のことです。神経内科はそれほど混乱されることはないのですが、心療内科と精神科は紛らわしく、混乱があるようです。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

大別すると、身体の症状がメインならば内科または心療内科、心の症状が主体ならば精神科ということになりますが、実際にはどちらか紛らわしい場合もあります。紛らわしい場合にはどちらかに相談することで、より適切なところへ紹介されることになります。

 

調剤薬局