ドラッグストアの医師になるには

医師になるには

医師になるためには、高校卒業後に医科大学や大学の医学部で6年間医療などについて学び、大学卒業後に医師国家試験を受験します。


ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。


毎年2月中旬頃に3日間試験が行われています。医師国家試験に合格すると医師免許が与えられます。



その後は2年間の臨床研修を行います。臨床研修はプライマリ・ケアの基本的な診療能力(態度・技能・知識)を身に付けることが必要とされており、1年目には内科、外科、救急部門の研修を行い、小児科、産婦人科、精神科、地域保健・医療なども必修の研修課目になっています。



2年の臨床研修を得て「医師」となった後、最低5年の実地研修と一定数の症例を経験し、専門医試験に合格すると、「小児科専門医」「外科専門医」「皮膚科専門医」「眼科専門医」などと称することができるようになります。

 

調剤薬局