ドラッグストアの心療内科についてくわしく知りたい方の情報サイト

心療内科の経営方針について

経営方針や戦略は「だれが」「だれに」「なんのために」「どうなっていて」「どのように」をはっきりさせることが必要です。
「だれが」開業するのは、Dr本人だという自覚が一番大切です。このあたりまえのことが自覚できていないと勤務医時代とのギャップに直面します。自分自身が開業するんだという自覚と、自分のDrになろうと思ったときからの歴史、医療に対する思いを掘り下げるとよいでしょう。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

「だれに」(患者さん)地域のどういう年零層に対して、どういう疾患の患者さんが対象か、その疾患の特徴、及びその特徴からくる患者さんの心理状態は、など自院の対象患者の心理状態や利便性を考えていきましょう。
「なんのために」まず、なぜ開業するのか、ということを自分自身に問い掛けてみましょう。経営理念を実現するために。目的をはっきりさせることが重要です。
「どうなっていて」地域や競合の状態を把握し、場合によっては細分化した地区毎の意識調査を実施し、地域の願望・不満点を把握しましょう。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

「どのように」目的・状況を明確にしたら、目的を実現する為の自院の「あるべき姿」の構想を練ります。診療方針(診療所の内容)を、どうなっていてという部分を、外部環境、内環境という両面で見ていきましょう。最後に考えたことを整理し、どのようにということを形にしていきましょう。

 

ドラッグストア