ドラッグストアの心療内科についてくわしく知りたい方の情報サイト

心療内科の開業のための資金について

開業資金の調達ポイント
開業に必要な資金がどの程度になるかということが問題です。
・自己資金・・・預貯金、退職金、有価証券、不動産の売却、など
・借入金額・・・公的融資、市中銀行、ノンバンクなど
・ リース
「自己資金の確認」時に1億円を超える開業資金のすべてを自己資金のみでまかなうことは、非常に困難です。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

とはいえ、開業資金の全額を金融機関から借入れるのは、不可能と考えることが妥当です。自分が無理なく捻出できる金額がいくらあるのか、冷静に判断、確認する必要があります。

 

「担保物件の確認」金融機関が融資を決定するに際して最も重要とする要件は、担保と借入目的、事業計画及び返済計画です。差し入れる担保は、医師本人名義のものだけではなく、親族や保証人名義の担保でも可能です。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

担保として認められるものは、基本的には土地や家屋などです。 「公的融資の活用」社会福祉・医療事業団や国民金融公庫等の政府系金融機関はメリットが高く、是非活用を検討するべきでしょう。ただし、公的な金融機関にはさまざまな条件や上限があります。例えば、担保が必要な場合の審査が銀行よりも厳しかったり、手続が手間だったりします。

 

医院開業のコンサルタントに、経験を活かして、事業計画の作成を行ったり、口頭での説明に同行してもらうことも、ひとつの方法でしょう。

 

薬局

 

神戸・三宮・元町のヨガ教室なら、ヨガインストラクターの北野 恵理