ドラッグストアの心療内科についてくわしく知りたい方の情報サイト

心療内科の患者の集め方とは

新規開業するときには、地域に広くPRする必要があります。医療機関は、医療法によって広告できる内容が決まっています。医師の技能、検査方法、治療方針、経歴、学位などの広告は規制緩和の方向にありますが、まだまだ様々な規制を受けているのが現実です。広告媒体としては、診療所看板、駅看板、電柱看板、折り込み広告、電話帳広告などが代表的なものです。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

また、医院のロゴマークなどと共に、パンフレット、案内なども練っておく必要があります。 医療法第69条による広告範囲は、医師または歯科医師である旨、第70条第1項規定による診療科目、病院または診療所の名称・電話番号・所在地・案内図、診療に従事する医師または歯科医師の氏名・休診日・診療時間・入院設備の有無、その他、都道府県知事の許可を受けた事項、となっています。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

 

ホームページによる宣伝については、利用者の自発的な意思によって、検索し見るものとの考え方から、厚生労働省は、医療法における「広告」に該当しない旨の判断を示しています。つまり、一般的な広告媒体ではPRできないような内容も、ホームページでは告知して構わないことになります。昨今では、増患対策の一環としてホームページを開設する医院も増えていますが、最初の段階で開設しておくことにより、段階的にグレードアップしていくことも容易になり、患者のニーズも肌で感じる事が可能になります。

 

薬剤師国家試験